スモールオフィスとは?

サービスオフィス、シェアオフィス、インキュベーションオフィス、バーチャルオフィス・・・などオフィスといっても様々な呼称があります。

サービスオフィスとは、一般的な賃貸物件と違い、壁で区分けした小さなスペースで毎日仕事できる環境があります。1人用から10人以上まで大小様々なオフィスがあり、完全個室も多いですが、共同空調のため壁の一部が空洞になっている部屋もあります。

シェアオフィスとは、大部屋で大きな机かパーテーションで仕切った机で仕事をする場所です。登記などもできるオフィスが多いです。

インキュベーションオフィスとは、自治体などが運営する格安の起業支援施設です。 賃貸期限がある施設が多いですが、研究施設や音響設備など、特色ある施設が多くあります。

バーチャルオフィスとは、その所在地の住所だけを借りて仕事は別の場所でする形式です。郵便物転送や電話代行などのサービスもあります。

スモールオフィス.netでは、1ヶ月の賃料が10万円未満のレンタルオフィスをスモールオフィスと定義し、最寄り駅、料金、営業時間、独自に設定したアイコン(エレベーターの有無など)を比較できる一覧表を作成しました。

さらに各スモールオフィスの詳細ページを作成し、上述の内容をさらに詳しくご紹介しています。

新規で事業を立ち上げる方にとって、初期費用をできるだけ押さえることは重要です。SOHOのように自宅で仕事ができる方なら別ですが、都心部でレンタルオフィスを借りると保証金が高額なため、初期費用だけで数十万円必要な物件がたくさんあります。

スモールオフィス.netを活用していただき、皆様一人一人に最適なレンタルオフィスが見つかりますようお祈り申し上げます。